メモ 

アプリケーションが NPTL を使用しているのか LinuxThreads を使用しているのか確認するために、そのアプリケーションの環境に次の 2 つの環境変数を追加します。

LD_DEBUG=libs

LD_DEBUG_OUTPUT=<filename>

(<filename> は各デバッグ出力ログファイルに与えられる名前です。プログラムが他のプロセスをフォークすると複数のファイルが生成されることがあります。デバッグ出力ログファイル名はすべてそのファイルを生成するプロセスの PID を含みます。)

http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/release-notes/ws-x86/ 

より

上記は、Debianでも同じ。

export LD_DEBUG=libs
export LD_DEBUG_OUTPUT=ld_debug
ls
export LD_DEBUG=
less ld_debug.32048

     32048:     find library=librt.so.1; searching
     32048:      search cache=/etc/ld.so.cache
     32048:       trying file=/lib/tls/librt.so.1
     32048:
     32048:     find library=libacl.so.1; searching
     32048:      search cache=/etc/ld.so.cache
     32048:       trying file=/lib/libacl.so.1
     32048:
     32048:     find library=libc.so.6; searching
     32048:      search cache=/etc/ld.so.cache
     32048:       trying file=/lib/tls/libc.so.6
     32048:
     32048:     find library=libpthread.so.0; searching
     32048:      search cache=/etc/ld.so.cache
     32048:       trying file=/lib/tls/libpthread.so.0
     32048:
     32048:     find library=libattr.so.1; searching
     32048:      search cache=/etc/ld.so.cache
     32048:       trying file=/lib/libattr.so.1
     32048:
     32048:
     32048:     calling init: /lib/tls/libpthread.so.0

ということで、このlsコマンドは/lib/tls/以下のライブラリを呼んでいるのでこれはNPTLを使っている。