今回は、Supermicro X7SBiとIntel Xeon L3360(2.83GHz, Quad)の構成での処理速度と消費電流を計測しました。

評価環境

機器の構成

CPU Intel Xeon L3360
M/B X7SBI-LN4
MEM DDR2 667 FBDIMM 2GB × 4
HDD Barracuda ES2 500GB × 2

ソフトウェアの環境

# uname -a
Linux lenny64 2.6.30-64net01 #7 SMP Sat Jul 4 04:30:47 JST 2009 x86_64 GNU/Linux
# gcc -v
Using built-in specs.
Target: x86_64-linux-gnu
Configured with: ../src/configure -v --with-pkgversion='Debian 4.3.2-1.1'
--with-bugurl=file:///usr/share/doc/gcc-4.3/README.Bugs --enable-languages=
c,c++,fortran,objc,obj-c++ --prefix=/usr --enable-shared --with-system-zlib
--libexecdir=/usr/lib --without-included-gettext --enable-threads=posix --enable-nls
--with-gxx-include-dir=/usr/include/c++/4.3 --program-suffix=-4.3 --enable-clocale=gnu
--enable-libstdcxx-debug --enable-objc-gc --enable-mpfr --enable-cld
--enable-checking=release --build=x86_64-linux-gnu --host=x86_64-linux-gnu
--target=x86_64-linux-gnu
Thread model: posix
gcc version 4.3.2 (Debian 4.3.2-1.1)

評価方法

  1. サーバーをネットワークブートし、ディスクレスで起動
  2. wgetでlinuxのカーネルソース(linux-2.6.20)をダウンロードする
  3. linuxのカーネルソースをtmpfs上に展開する
  4. 展開したカーネルソースディレクトリに移動し、make menuconfigを実行、なにもせずに終了し.configを作成
  5. 「make -jn」で、nの数値(同時に実行できるジョブ数)を変えながら、コンパイルを実行させたときの消費電力や時間などを測定する

測定結果

処理時間

次の表は、カーネルのコンパイルにかかった時間と、CPUの使用率を表したものです。CPUの使用率は、 「(ユーザー時間+カーネル時間)/実際にかかった時間」を計算したものです。

コマンド 時間 CPU使用率
24 0m56.791s 3.743
16 0m56.376s 3.768
12 0m56.677s 3.733
8 0m57.265s 3.668
7 0m57.901s 3.616
6 0m58.600s 3.562
5 1m0.716s 3.421
4 1m2.153s 3.325
3 1m12.698s 2.803
2 1m41.515s 1.983
1 3m17.626s 1.02

消費電力

以下のグラフは、カーネルコンパイル中の消費電力を示したものです。 Image

CPUアイドル時の消費電流は1.90(A)、ピーク時は2.61(A)でした。