Intelの高速なSSDであるX25-Eを入手することができたので、 その性能をddコマンドやbonnie++を使用して確かめてみました。

測定環境

CPU Intel(R) Xeon(R) CPU X3360 2.83GHz
マザーボード Intel X38ML(ベアボーン Intel SR1520ML)
メモリー 2GB

テストに使用したSSDは、冒頭にも書いたとおりIntel X25-E 32GB(SSDSA2SH032G1C5)です。 また、比較のためにSeagateのHDD(ST9250421AS 2.5インチ 250GB)についても性能を測定しました。

測定方法

シーケンシャルアクセス

シーケンシャルアクセスの速度を調べるためにddを使用しました。 SSDとHDDのそれぞれ先頭2GBのパーティションを作成し、以下のコマンドで読み書きの速度を調べました。

  • 書き込み: dd if=/dev/zero of=/dev/sda oflag=direct bs=100M count=20
  • 読み込み: dd if=/dev/sda iflag=direct of=/dev/null bs=100M count=20

ランダムアクセス

ランダムアクセスの速度は、bonnie++を使用して計測しました。 SSDとHDDのそれぞれについて、先頭32GBのパーティションを作成し、/mnt/sdaにマウントした後、以下のコマンドで読み書きの速度を調べました。

  • bonnie++ -u 0 -d /mnt/sda

測定結果

  単位 HDD SSD
型番   ST9250421AS SSDSA2SH032G1C5
読み込みシーケンシャル(dd) MB/s 84.7 278
書き込みシーケンシャル(dd) MB/s 80.8 183
読み込みシーケンシャル(bonnie) KB/s 83062 242385
書き込みシーケンシャル(bonnie) KB/s 66426 195852
ランダムアクセス(bonnie, Random Seek) /sec 197.2 6311.5

シーケンシャルアクセスは読み書き共に、パッケージに書いてあった最大時の数値(Read:250MB/s Write:170MB/s)に近い速度がでました。

ランダムアクセス(Random Seek)は、HDDに比べてSSDは30倍程度の性能が出ました。

Bonnie++の結果データ表

      HDD SSD
Seq Output Per Chr K/sec 60221 70734
    %CP 92 99
  Block K/sec 66426 195852
    %CP 9 31
  Rewrite K/sec 35012 102583
    %CP 4 13
Seq Input Per Chr K/sec 68666 72301
    %CP 96 98
  Block K/sec 83062 242385
    %CP 4 13
Random Seeks   /sec 197.2 6311.5
    %CP 0 22
files     16 16
Seq Create Create /sec 99532 110551
    %CP 94 99
  Read /sec 642940 647974
    %CP 94 94
  Delete /sec 136945 137672
    %CP 100 100
Random Create Create /sec 111505 111292
    %CP 98 100
  Read /sec 915260 894377
    %CP 89 109
  Delete /sec 141057 143195
    %CP 99 97

ドライブ上の位置による速度差

以前の記事(1プラッタHDDの読み書き性能測定 等)でも取り上げたように、HDDでは記録する場所が先頭であるか、後尾であるかによって記録速度が異なります。これはHDDの円盤状の構造に起因するものです。円盤構造が無いSSDでは、そのような差はなさそうですが、実際はどうなるかということも一応調べてみました。

測定方法は、ddによるシーケンシャルアクセスの速度を先頭の2GBと後方の2GBで計測し、読み書きのデータをとります。コマンドは以下のとおりです。

  • 読み込み: dd if=/dev/sdaN iflag=direct of=/dev/null bs=100M
  • 書き込み: dd if=/dev/zero of=/dev/sdaN oflag=direct bs=100M

参考データとして、今回使用したHDDでも同様に先頭/後尾による速度差を計測しました。(※この計測のみ、CPUはIntel Pentium(R) Dual-Core CPU E5200 2.50GHzを使用しました)

計測結果

    読み込み(MB/s) 書き込み(MB/s)
SSD 先頭 276 185
後方 276 183
HDD 先頭 84.6 81.5
後方 44.2 43.9

HDDでは、速度差が先頭と後方で2倍ほど違います。しかし、SSDではほとんど差は見られないという結果になりました。