Xeon X3330について、処理性能を計測してみました。

評価環境

機器の構成

CPU Xeon CPU X3330 @ 2.66GHz、クアッドコア
メモリ 4GB

ソフトウェア

実験環境のLinuxカーネルのバージョンと、gccのバージョンは以下のとおりです。

$ gcc -v
Using built-in specs.
Target: i486-linux-gnu
Configured with: ../src/configure -v --enable-languages=c,c++,fortran,objc,obj-
c++,treelang --prefix=/usr --enable-shared --with-system-zlib --libexecdir=/usr
/lib --without-included-gettext --enable-threads=posix --enable-nls --program-s
uffix=-4.1 --enable-__cxa_atexit --enable-clocale=gnu --enable-libstdcxx-debug
--enable-mpfr --with-tune=i686 --enable-checking=release i486-linux-gnu
Thread model: posix
gcc version 4.1.2 20061115 (prerelease) (Debian 4.1.1-21)
$ uname -a
Linux diag 2.6.26-net01edac #9 SMP Tue Sep 30 20:28:16 JST 2008 i686 GNU/Linux

測定方法

今までと同一の条件で計測しました。

  1. サーバーをネットワークブートし、ディスクレスで起動
  2. wgetでlinuxのカーネルソース(linux-2.6.20)をダウンロードする
  3. linuxのカーネルソースをtmpfs上に展開する
  4. 展開したカーネルソースディレクトリに移動し、make menuconfigを実行、なにもせずに終了し.configを作成
  5. 「make -jn」で、nの数値(同時に実行できるジョブ数)を変えながら、コンパイルを実行させたときの消費電力や時間などを測定する

測定結果

処理時間

同時実行数 time CPU%
-j1 3m48.561s 1.01
-j2 1m56.131s 1.97
-j3 1m21.422s 2.84
-j4 1m7.636s 3.45
-j6 1m3.360s 3.72
-j8 1m3.942s 3.70
-j10 1m3.150s 3.76

上の表は、カーネルのコンパイルにかかった時間と、処理時間の表です。 CPUの使用率は、「(ユーザー時間+カーネル時間)/実際にかかった時間」を計算したものです。

消費電流

カーネルコンパイル中の消費電流のグラフを示します。

Image CPUアイドル時の消費電流は1.28(A)、ピーク時は1.75(A)です。

X3350との比較

以前にXeon X3350についてベンチマークをとったので、それと比較してみます (→Xeon X3350の記事)。

Xeon X3350は、今回のX3330とスペックはほとんど同じですが、キャッシュがXeon X3350(12MB)の半分(6MB)になっています。 しかし、処理速度を比較して見ると明らかな差はありません。 今回の比較ではキャッシュの差は響きませんでしたが、使い方によっては差がでてくるかもしれません。