AMD Opteron 1210 HEについて、Xeonと同様に消費電力とパフォーマンスについて 調べてみました。

環境

  • A+ Server 1011S-MR2(ベアボーン)
  • AMD Opteron 1210 HE
  • メモリ 4GB
  • Linux kernel 2.6.26
  • gcc -v

Using built-in specs.
Target: i486-linux-gnu
Configured with: ../src/configure -v --enable-languages=c,c++,fortran,objc,
obj-c++,treelang --prefix=/usr --enable-shared --with-system-zlib --libexec
dir=/usr/lib --without-included-gettext --enable-threads=posix --enable-nls
--program-suffix=-4.1 --enable-__cxa_atexit --enable-clocale=gnu --enable-
libstdcxx-debug --enable-mpfr --with-tune=i686 --enable-checking=release i4
86-linux-gnu
Thread model: posix
gcc version 4.1.2 20061115 (prerelease) (Debian 4.1.1-21)

評価方法

次のような方法で評価を行いました。

  1. サーバーをネットワークブートし、ディスクレスで起動
  2. wgetでlinuxのカーネルソース(linux-2.6.20)をダウンロードする
  3. linuxのカーネルソースをtmpfs上に展開する
  4. 展開したカーネルソースディレクトリに移動し、make menuconfigを実行、終了し.configを作成する。カーネルオプションの変更はなし
  5. 「make -jn」で、nの数値(同時に実行できるジョブ数)を変えながら、コンパイルを実行させたときの消費電力や時間などを測定する

測定結果

処理時間

次の表は、コンパイル一回にかかる時間と、そのときのCPU使用率を示したものです。 CPUの使用率は、「(ユーザー時間+カーネル時間)/実際にかかった時間」を計算したものです。

コマンド かかった時間 使用率
make -j1 6m51.193s 1.009
make -j2 3m39.421s 1.881
make -j3 3m32.166s 1.960
make -j4 3m33.135s 1.961
make -j6 3m34.037s 1.965
make -j8 3m34.302s 1.972

Opteron 1210 HEはコアが2つなので、同時実行数が1よりも複数(2以上)になったときのほうが、処理時間が短くなっています。 逆にそれ以上になると差はほとんどありません。

消費電力

次のグラフは、それぞれのコンパイルでの消費電流を表したものです。 横軸はコンパイル開始からの経過時間です。

Image

CPUアイドル時の消費電流は0.73(A) コンパイル時のピーク電流は、n≧2のとき約1.05(A)であることが分かります。 その差は0.32(A)です。

ピーク電流は、同時実行数がひとつの時と、複数の時で0.11(A)ほど差が出ています。

まとめ

今までのXeon 3070等と比較すると、スペックが低いこともあって、処理性能はあまり出ませんでしたが、 消費電力はかなり低くなっています。