LinuxでOut Of Memoryが発生すると、カーネルがプロセスを評価(どんな評価だろう?)して、プロセスをKillしメモリを確保しようとする。どのプロセスをKillするかは、Kernelのみぞ知る的な世界のようであるが、/proc/$PID/oom_adjに-17を書き込んでおくと、そのプロセスOOM Killerの犠牲者にならなくて済むらしい。/proc/$PID/oom_scoreなんていうのもあり、名前からして、こちらはOOM Killerが犠牲プロセスを選定する際の閻魔帳のようなもののようであるが、詳しくは調べていない。